【仏教用語集】(子供向け)【念佛宗(念仏宗)】

【仏教用語集】(子供向け)【念佛宗(念仏宗)】
鬼の涙 みんなの絵本【念佛宗(念仏宗)】 > 百番目の豆 みんなの絵本【念佛宗(念仏宗)】 > 鶴丸と佐助 みんなの絵本【念佛宗(念仏宗)】

念佛宗(念仏宗)その20. 四苦八苦(しくはっく)【仏教用語集】

どうしてもうまくゆかない、苦心惨憺のさまを「四苦八苦する」と言うが、これも仏教語です。
先ず最初の四苦は「生老病死」の意味です。この言葉は一般的ですが、何故「生」が苦なのでしょうか。全ての苦しみは生まれることによって始まる、つまり苦しみの根元は誕生とも云えるからです。
「老」「病」「死」の苦はどうすることもできない現実の苦です。問題はこれらをどう自分のものとして受け入れるかという心の持ち方です。
以上の四苦にもう一つ後半の四苦を合わせて四苦八苦と言います。後半の四苦とは「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」を言います。
「愛別離苦」とは愛する人、親しき人との別離の苦しみ、人間が死ぬべき存在である以上、いつかは対面しなければならない苦です。
「怨憎会苦」オンゾウエク は「愛別離苦」と反対の苦しみのことです。これは「会いたくない人に会わなければならない苦」です。
「求不得苦」ぐふとっく は「欲しい物が手に入らない苦」です。
「五蘊盛苦」ゴオンジョウク とは「人間の存在自体が苦」というものです。五蘊とは人間を構成する色・受・想・行・識の五要素で、色は形あるもの全て、受は見る感覚、想は心に思う事、行は判断する事、識は認識する事です。人間はこれらの五要素から盛んに起こる苦しみから逃れることができないと言うことなのです。
以上が仏教の説く八つの苦しみです。このような苦を救ってくれるのが仏教・お釈迦様の教えに他ならないのです。

子供向け仏教用語集一覧

念佛宗(念仏宗)その1. 愛(あい)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その2. アイウエオ【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その3. 挨拶(あいさつ)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その4. 悪霊(あくりょう)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その5. 一期一会(いちごいちえ)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その6. うろうろ【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その7. 有頂天(うちょうてん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その8. 閻魔王(えんまおう)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その9. お地蔵様(おじぞうさま)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その10. お釈迦様(おしゃかさま)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その11. お寺(おてら)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その12. 鬼(おに)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その13. お盆(おぼん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その14. お守り(おまもり)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その15. 我慢(がまん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その16. 瓦(かわら)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その17. くしゃみ【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その18. 玄関(げんかん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その19. 現世(げんせ)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その20. 四苦八苦(しくはっく)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その21. 地獄(地獄)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その22. 焼香(しょうこう)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その23. 上品・下品(じょうひん・げひん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その24. 葬式(そうしき)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その25. 沢庵(たくあん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その26. 入院(にゅういん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その27. 墓(はか)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その28. 彼岸(ひがん)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その29. 仏様(ほとけさま)【仏教用語集】

念佛宗(念仏宗)その30. 方便(ほうべん)【仏教用語集】